体に悪い食べ物とは

一見、体に良さそうな食べ物でも実は体に悪いというケースは多々あるので、
どのような食べ物が体に悪いのか知っておいた方が良いでしょう。
 

まず、トランス脂肪酸が含まれている食べ物は体に悪いといわれていますが、
トランス脂肪酸という言葉をあまり聞いたことがないという方が多いと思います。

 

【 トランス脂肪酸とは 】

これは悪玉コレステロールを増やしたり、動脈硬化を促進させる有害な物質で、
私自身も医療業界に転職したことによって初めて知りました。
 

また、他にもガンや不妊、心臓疾患、アトピーなどを引き起こす
ともいわれていますが、残念ながら日本ではあまり規制が厳しくありません。
 

そのため、普段何気なく食べている食品の中に
トランス脂肪酸を大量に含んでいるものもあるといって良いでしょう。

 

【 トランス脂肪酸が多い食品 】

トランス脂肪酸が多く含まれている食品は、マーガリンやマヨネーズ、
アイスクリーム、ケーキ、菓子パン、ポテトチップスなどです。
 

さらにインスタント食品やファーストフードにも
トランス脂肪酸が多く含まれていると思ってください。
 

このような食品は私たちが口することが多いと思いますが、
体には良くないので過度に食べない方が良いです。

 

【 まさか!実は要注意な食品 】

体に良さそうなイメージがあるシリアルや食パン、
ヨーグルトといった食品にも注意してください。
 

朝食に食べるシリアルには栄養がたくさん詰まっているので
体に良さそうな印象が強いですが、糖分や添加物の量が多いです。
 

スーパーなどで販売している食パンには砂糖がたくさん
使用されていることがあり、肥満の原因になりかねません。
 

ヨーグルトは本来体に良い食品ですが、中には体に悪い原材料が
使用されているものもあるので、気をつけましょう。